退職代行サービスを利用する際の3つの注意点

退職代行サービスを利用する際の3つの注意点

会社を辞める際に積極的に退職代行業者を使おうとする方はいないと思います。

精神的、肉体的に疲弊した方が最終手段として利用するのが退職代行サービスであり、藁をも掴むような思いで頼る最後の砦のようなものです。

退職した後にそのまま就職をしない方というのはほとんどいないと思いますから、退職代行サービスはあくまで次の円滑に次のステップに進む為の手段です。実際に利用する際には今後の人生の足かせにならないように注意点があります。

今回は退職代行業者を利用する際の注意点を3つご紹介させていただきますので、どうしても利用しなければならないような状況になったときはメリットばかりではなく注意点にも目を向けてみてください。

会社を辞めたい理由を明確にする

もし、会社を退職しようと考えた時どのような理由で辞めたいのか。また、次に働く職場はどのような会社だったら良いのかを具体的に考える必要があります。

退職代行業者を使った退職が最近では珍しくなくなってきましたが、会社を辞める難易度が下がったことにより成長の為に必要なストレスや我慢を乗り越えずに辞めることも簡単になりました。

「青い鳥症候群」や「隣の芝生は青く見える」などの言葉があるように、今の自分にはもっとふさわしい場所があると考える人も中にはいるでしょう。

今、会社を辞めることが自分の成長の妨げにならないかどうか客観的に考える必要があります。

どのような理由で辞めるにしろ、自分がなぜ辞めたいのかをしっかりと考えることによって次の職場を選ぶ際の参考にもなります。

退職代行を使う自体は精神的にも効率的にも良いのですが、今までいた会社ステップアップにして成長するためにも客観的視点や自己分析が大切です。

退職代行を利用することがあまり良いと思われないことを理解する

 

一般的には、退職代行サービスを使った退職はあまりよく思われないことを理解しておきましょう。もちろん戻るつもりもないとは思いますが、常識的に考えてその会社に復職する事は難しいでしょう。

また、同業他社に転職する場合は狭い業界も多いので、退職代行業者を利用して会社を辞めたことが次の会社に知られてしまう可能性もあります。

退職代行サービスは即日退職をウリにしている会社が非常に多いですが、ある日突然社員ではない人から退職の意向が告げられたら会社側も戸惑いますし、面白くないでしょう。

退職代行サービスを利用する際は、即日止めるなどの強硬手段はできるだけ避けましょう。退職代行会社は無料を行なっている会社も多いので、事前にしっかりとした準備をしてから退職しましょう。

違法業者に注意する

退職代行業者の中には、悪質な会社があることも知っておきましょう。

例えば、料金が明確でなく、プラスアルファの料金がとられてしまう会社や、本当に退職の意向を代理で伝えるだけで、穏便に済ませる気がないような業者も中には存在します。

依頼者が退職の意向を伝えられないことを逆手にとって、アフターケア等が雑な会社などには注意が必要です。良質な業者を選ぶコツとしては、弁護士による慣習の有無があります。

基本的に法律事務所に退職の依頼をする以外は、法律に関わる業務はできませんが、その中でも、弁護士にアドバイスをもらいながら退職代行の業務を行う会社もあります。

金額が似たり寄ったりなのであれば、そういった弁護士のアドバイスを受けている退職代行業者を使うのが望ましいでしょう。

退職代行は注意点に気をつけて利用しましょう

職場で悪質なパワハラや、非常識な労働環境に苦しめられている方は多いと思います。

自分の意思で退職の意向を伝えられないほど追い詰められている方々は、今すぐ退職代行サービスを使って辞めたいと思うでしょう。

しかし、人生は退職した後の方が長いです。ブラック企業のせいで退職後の転職が不利になったり、辞めるために利用した退職代行業者が悪質な業者だったりするとさらに落ち込んでしまうかもしれません。

退職代行サービスは1、新しい人生を踏み出すためのツールなので退職するまでの準備は入念に行いしこりを残さないような止め方をしましょう。